京都国立博物館特別企画「文化財修理の最先端」

京都国立博物館文化財保存修理所は、我が国で初めての公営文化財修理施設として昭和55年(1980)年に開所され、今年で40周年を迎えました。これを記念し、京都国立博物館平成知新館において、特別企画「文化財修理の最先端」が開催されます。

修理所における近年の事業成果をはじめ、文化財修理に不可欠な道具・材料なども紹介しています。当社が修理を担当した文化財も取り上げられております。ぜひお運びいただき、文化財修理事業の一端に触れていただけましたら幸いです。

会期  :令和2年(2020)12月19日(土) ~令和3年(2021)1月31日(日)
会場  :京都国立博物館平成知新館2F・1F-1、3~5
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 :月曜日(※2021年1月11日(月・祝)は開館)、
     2020年12月29日(火)~2021年1月1日(金・祝)、
     2021年1月12日(火)
観覧料 :一般 700円、大学生 350円(平成知新館全展示観覧可)
     高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料

https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/conservation_2020.html