ごあいさつ

弊社は、京都において文化財の保存修理を専門に行っている法人です。紙や絹などに描き記され、長年にわたって受け継がれてきた文化財(美術工芸品:絵画、書跡・典籍、古文書、歴史資料等)の修理を主な事業内容としております。

国の選定保存技術保存団体である「国宝修理装潢師連盟」を構成する一員として、絵画、書跡・典籍、古文書、歴史資料を問わず幅広い文化財の修理に各部門が対応するとともに、共通課題及び人材育成については全社で取り組むこととしております。また、修理技術者一人一人が品質に妥協することなく、一層の技術の練磨を図るとともに、経験則や固定観念にとらわれず、あらゆる可能性を排除しない「考える力」「想像力」の涵養と実践を心がけています。

文化財の修理においては、伝統と最新の知見に基づく確かな修理技術の行使はもちろんのこと、修理計画時及び施工中を通じた「分かりやすい説明」がこれまで以上に求められております。長い歴史の中で高度に専門化し、難解な技術用語も多い世界ではありますが、お客様や関係者の立場に立ち、十分に納得をいただいた上で修理を行うことが、社会の一員としての修理工房が果たす重要な役割と考えます。文化財修理という公共性の高い事業の着実な実施を通じ、一人でも多くの方々にその必要性や理念、意義をご理解いただけるよう、一層努力してまいる所存です。

今後ともご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社光影堂 代表取締役 大菅 直